向井恭一 の Livedoorブログ

向井恭一 の Livedoorブログ です。 皆様から頂いた情報を元に作成されるノートです。少しでも気に入られる1つのブログになるようにすることが目標です。よろしくお願いします

医学 医療

介護業界の問題点と良い点

介護職員になり13年が経ちます。
経験だけは色々積んできたのでここで私なりの介護業界の様々な問題について話たいと思います。


まずは昨今ニュースでも取り上げられています介護職員の利用者に対する虐待や犯罪の件です。


考えられない様な事件が日々起こっています。誰も見ていない所で一人の利用者さんに虐待をしたり、または無差別で凶器を使って切りつけたりと見ていて胸が痛くなります。


ほとんどが部外者ではなく介護関係者というのも特徴かとおもいます。

人と向き合っての仕事ですから、ストレスもやはり相当かかると思います。つい手が出てしまうというのも、同情しては本当はいけない事ですが支援する側からすれば気持ちはとても分かります。

それぐらい現場の職員は日々ストレスと戦っています。



介護業界は人材不足というのも大きな問題点です。


給料が安いから魅力がない。


これはひとつの大きな問題点です。


国からの支給は年々減る一方で給料が上がることはほとんどありません。こんな状況で今の若い世代の方が魅力を感じて介護業界に飛び込んできてくれるでしょうか?

やはり技術うんぬんは別にして生活していく上でお給料をもらって家族を養っていかなければならないですし、正直その給料面はシビアに見ている人も多いです。



知識や技術以前にまずその部分は大きな問題点です。

介護職員全体数が少ないので、勤務がハードになったり休日も少なくなったりと体や心へのストレスも大変大きくなっていきます。



逆に若い方よりも最近は50代、60代の方の再就職先として介護業界が選ばれる事が多いです。

リストラや早期退職等様々な要因で前の職場を出られた方が、まだ働きたいという思いで再就職先に介護を選ばれるみたいです。

私の職場にも今年50代の男性職員が入りました。業務は主に送迎のドライバーですが、介護の楽しみを覚える為に資格の勉強をして今から様々なスキルアップを目指して頑張っている様です。



介護業界の良い所として年齢はほぼ関係なく働ける所は良いことだと思います。

資格も取れば自らのスキルアップにもなりますし業務も、楽しくなると思います。


香港の街並み(昼)

側頭葉腫瘍での動脈偏位

<strong>側頭葉腫瘍での動脈偏位</strong>

1. 中大脳動脈水平部の挙上。

2. シルビウス三角の上方への圧排。

3. 中大脳動脈島部の内側への偏位。

4. 中大脳動脈側頭枝の弁蓋部の上方への圧排、末梢部の伸展。 → draping sign

5. uncusの内側に沿って走行する前脈絡動脈のcisternal segmentの内側偏位。

6. 前大脳動脈のsquare shidtまたはproximal shift

介護保険制度 のこれからについて

私は介護に携わる仕事をしていましたが、介護業界には様々な問題があふれています。

2000年の介護保険制度の開始によって、介護が自宅で家族が背負うものというシステムから、社会全体で支えていくという考え方に変化していきました。


介護保険が始まるにあたってデイサービス、訪問介護サービスなどサービスを提供する事業所も選べるぐらい増えましたし、介護保険を利用してサービスを使っている


高齢者も多くいます。


これから高齢化がますます進むにつけて、介護職の質やサービスの量の確保が必要になってくるのですが、実際には介護の質という問題で介護職の人手不足は大きな問題となっています。

介護職の待遇の悪さ、主にお給料面の低さなどが問題なのですが、仕事の大変さに比べて報酬が低すぎて仕事としては人気がありません。


また介護経験がない人もどんどん入ってこられる仕事なので、未経験無資格の人も働いている場合があります。



こういったところで高齢者に対して良いサービスをと期待するところは難しく、まずは介護業界全体のレベルアップ、そして待遇の改善が求められていると感じます。

待遇を良くして介護職を確保することで、良いサービスがうまれると思うのです。



また介護保険制度が始まってから利用する人は右肩上がりに増えていて、介護保険から9割負担することになっていますが、その保険制度自体が将来的には財政難から破たんしてしまうという恐れもあります。

利用する人と国が持っている介護保険の財政が釣り合わないためです。


お金のある高齢者からは2割負担で利用してもらうなど考えられていますが、今後サービスがどうなっていくかということも心配なところがあります。



要支援、要介護状態になる人を防いで地域で健康に過ごしてもらうための介護予防の仕事も地域包括支援センターというところが担っていますが、実際には要支援認定を受けた人のケアマネジメントに取り組んでいて、なかなか手が回らない状況にあります。

そういったところを改善して、介護を受ける状態になることを未然に防ぐ取り組みも充実してほしいと思います。


ハーフバースデー用の離乳食ケーキ