梅雨の時期になると、不調をきたす方が増えてきます。
それは、普段のストレスに加え"物理的ストレス"がかかってくるからなのです。

その物理的ストレスとはつまり、気温や気圧、さらには天候などの外環境から受けるストレスのこと。特に梅雨の時期には、暑かったり、寒かったりが短期間に何度も繰り返されるため、少しずつ体に負担を与えます。


そんな時、まず試してもらいたいのが、紅茶を飲むことです。
ただし冷たいものではなく、必ず温かい紅茶を飲むようにしてください。特におすすめなのが、ローズヒップティー。このローズヒップティーには、美白効果もあり、セロトニンを作り出すビタミンも含まれています。


それから、部屋に花を飾ることもおすすめです。いい香りの花を飾ることで、アロマ効果も生まれます。
その時大事なことは、部屋を明るくすることです。雨が降っている日は、部屋が暗くなりがちですよね。太陽の代わりに明るい電気をつけて、できるだけ室内を明るくしておくようにしてください。


もし、それでもあまり落ち着かなければ、とにかく早く寝てしまうことも解決策の一つ。特に22時~2時の間は、お肌のゴールデンタイムと言われていますので、22時ごろに寝てしまえば、普段のイライラも解決します。ここで大事なことは、3日間連続で22時に就寝することです。これが難しい…という方は、22時じゃなくても、3日間普段より早寝することで、気持ちに余裕が持てるようになるでしょう。


それから、適度な運動も梅雨の時期のストレス解消法の一つではありますが、外に出るのが嫌!という方でも家の中でできるエクササイズがあります。

それが、その場ウォーキングです
でも、ただ単純に歩くだけでは効果がありません。太ももを床と平行になるまでしっかりと上げることがコツ。長い時間続けることよりも、一日20分~30分ほど続ければ効果抜群!


なんでも億劫になりがちな梅雨の時期ですが、自分が気持ちよくなれそうな方法で、行動を起こすことだけでも、"何もしていない自分からの自己嫌悪"から抜け出し、ストレス発散となります



1008 6月 012