向井恭一 の Livedoorブログ

向井恭一 の Livedoorブログ です。 皆様から頂いた情報を元に作成されるノートです。少しでも気に入られる1つのブログになるようにすることが目標です。よろしくお願いします

介護保険制度 のこれからについて

私は介護に携わる仕事をしていましたが、介護業界には様々な問題があふれています。

2000年の介護保険制度の開始によって、介護が自宅で家族が背負うものというシステムから、社会全体で支えていくという考え方に変化していきました。


介護保険が始まるにあたってデイサービス、訪問介護サービスなどサービスを提供する事業所も選べるぐらい増えましたし、介護保険を利用してサービスを使っている


高齢者も多くいます。


これから高齢化がますます進むにつけて、介護職の質やサービスの量の確保が必要になってくるのですが、実際には介護の質という問題で介護職の人手不足は大きな問題となっています。

介護職の待遇の悪さ、主にお給料面の低さなどが問題なのですが、仕事の大変さに比べて報酬が低すぎて仕事としては人気がありません。


また介護経験がない人もどんどん入ってこられる仕事なので、未経験無資格の人も働いている場合があります。



こういったところで高齢者に対して良いサービスをと期待するところは難しく、まずは介護業界全体のレベルアップ、そして待遇の改善が求められていると感じます。

待遇を良くして介護職を確保することで、良いサービスがうまれると思うのです。



また介護保険制度が始まってから利用する人は右肩上がりに増えていて、介護保険から9割負担することになっていますが、その保険制度自体が将来的には財政難から破たんしてしまうという恐れもあります。

利用する人と国が持っている介護保険の財政が釣り合わないためです。


お金のある高齢者からは2割負担で利用してもらうなど考えられていますが、今後サービスがどうなっていくかということも心配なところがあります。



要支援、要介護状態になる人を防いで地域で健康に過ごしてもらうための介護予防の仕事も地域包括支援センターというところが担っていますが、実際には要支援認定を受けた人のケアマネジメントに取り組んでいて、なかなか手が回らない状況にあります。

そういったところを改善して、介護を受ける状態になることを未然に防ぐ取り組みも充実してほしいと思います。


ハーフバースデー用の離乳食ケーキ

アンケート調査(インタビュー形式) アルバイト経験談

街頭のインタビュー形式によるアンケート調査の仕事です。

とあるアルバイト情報専門サイトでその求人を見つけました。


このような仕事は期間限定が多く、私が携わった仕事も期間限定でした。


仕事内容はアンケート調査のみではなく、歩行者の通行量調査や店舗の出入り調査も含まれていました。


アンケート調査の仕事がなぜ良かったと思うのかというと、この仕事をやる前は自分に自信が持てず、人と話すのも自信の無さからか、すごく苦手でした。



しかし、アンケートの仕事をやっていくには嫌でも人と話さなければなりません。




最初はやはりダメでした。

しかし、そのようにして仕事を進めていくうちに少しずつではありますが、アンケートの回答が得られるペースが上がるにつれ、自分にも自信が持てるようになっていき、人と話すことに関してもそれほど苦でなくなっていくのを実感できました。



このような体験から、
特に人と話すのが苦手な人、もちろん苦手ではない人にもこの仕事を薦めたいと思います。



色々な年齢層の人と話をする経験ができるといった意味でも良い経験、勉強になると思います。

時給も高いのでまさに一石二鳥です。



ここで見つけました↓

日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】



13レトロな雰囲気の路面電車


簡単にできる 疲れ目ケア

デスクワークでよくパソコンを使う、勉強をよくする、ついついスマートフォンを見てしまう、など目を酷使することは日常的によくあります。

その時に簡単にできる目のケアを知っておくと、疲れ目でピントがずれてしまうことも少なくなると思います。


目を酷使すると、首の疲れや、肩こりにつながります。

また、目の疲れから肩こりが酷くなると、頭痛にもつながってきますし、集中力が続かないということも増えてきます。そうなる前に、目の疲れをたった数十秒でリセット、緩和できる方法をご紹介します!


そもそも目を使いすぎると、目の周りの筋肉が血行不良をおこし、それが目の疲れということになるわけです。
つまり、血行をよくすることで、目の疲れを緩和することができるのです。


血行を良くする方法として、
温めたり、運動をしたり(動かしたり)することが疲れをとることにつながるわけです。




 ①両目を閉じ、まぶたの上から目の奥に圧がかかるぐらいに手で押さえる(数秒?30秒程度)

目の奥には神経がありますが、その神経や筋肉を直接圧迫して血行をよくする方法です。

意外なことにリラックス効果もあり、直接目の周りの神経や筋肉に刺激を与えるので、目の疲れにも効果は抜群です。

気持ちいいくらいに圧迫するぐらいがちょうどいいので、強く押さえすぎないように気をつけましょう。



 ②目を動かす。

 パソコン作業や、スマートフォン、勉強をするときは大抵目を動かしていないのです。

動かさない=血行不良ということになりますので、逆に目を動かしてあげることで血行がよくなっていきます。

目を上下左右に動かしたり、ぐるぐるとまわすのも効果的です。


人がいる前では恥ずかしくてできませんが、トイレに行った時に簡単にできるのでとってもオススメです。

目を動かすと逆に疲れてしまうんじゃないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、目のトレーニングで筋肉も鍛えられてピント調節もスムーズになります。


4何度来ても良いですね。