向井恭一 の Livedoorブログ

向井恭一 の Livedoorブログ です。 皆様から頂いた情報を元に作成されるノートです。少しでも気に入られる1つのブログになるようにすることが目標です。よろしくお願いします

診断用X線管

<strong>診断用X線管について</strong>

1.
X線空間強度分布はターゲット角度で異なり、管電圧、ターゲット物質及びその厚さにより決まる。

2.
ターゲット角度が小さいほど実焦点面積は大きくなる。

3.
最大許容入力は実焦点面積に比例する。

4.
負荷曲線は連続負荷時の陽極の熱許容蓄積を示す。

5.
スポット撮影は短時間と長時間の混合負荷である。

6.
長時間許容負荷は陽極全体の温度により制限される。

7.
短時間許容負荷は焦点面の温度により制限される。

8.
ターゲットから放出されるX線強度は陰極側が強く陽極側の方が弱い。Heel効果。

9.
実焦点サイズを同じとし、ターゲット角度を大きくすれば実焦点面積は小さくなり、短時間許容負荷は大きくなる。

10.
ターゲット角度は実焦点面と基準軸(焦点の中心を通る利用X線ビームの中心軸)とがなす角である。

11.
利用するX線は焦点から直接放射されるものだけでなく、焦点外X線も含まれる。

12.
フィラメント特性とはフィラメントに加える電圧とフィラメント電流との関係を言う。

13.
ブルーミング値とは実効焦点の特性を表すものである。

14.
管電流が増すと実焦点サイズは大きくなる。

15.
実焦点面積は実効焦点面積より大きい。

16.
焦点の電子密度は均一でないため正焦点と副焦点とが生じる。

17.
ヒートユニットはX線入力を表す特別の単位である。

18.
空間電荷電流は両電極間電圧の3/2に比例する(Child-Langmuirの法則)。

19.
高電圧で小電流ほど飽和電流で動作する。

20.
乳房撮影用X線管の電極間距離は一般撮影用より短い。

21.
コンデンサ式は格子制御型(三極)X線管を組み合わせる。

22.
管電流は電極間距離の2乗に逆比例する。

23.
乳房撮影用X線管は定格管電圧が通常50kV以下と低く、相対的に電極間は短い。



<strong>回転陽極X線管</strong>

   P=U×I×f×10-3 [kW]
            P:X線管陽極入力  管電圧:U[kV]  管電流:I[mA]
f:管電流のリプル百分率によって決まる定数
                  リプル百分率25%以上はf=0.74

脳脊髄腔(脳槽)シンチグラフィー

1)集積機序
脳脊髄液は、脳組織を頭蓋内に浮かべ物理的な衝撃を和らげる作用と、脳組織の細胞外液中の代謝産物を血中に運び去る働きをしている。

主に脈絡叢から分泌され、


側脳室→モンロー孔→第三脳室→中脳水道→第四脳室→Magendie孔


を経て大槽からは一部は脊髄腔を循環して橋槽に戻り、一部は小脳周囲のクモ膜下に流れる。



2)検査方法

 111In-DTPA (18.5~)37MBq 腰椎穿刺によりクモ膜下に注入

注入後3,6,24,48時間、脳脊髄液の流れの遅い場合は72時間後
頭部前面、側面、後面、さらに必要に応じて頭頂部をシンチカメラにて撮影。



3)正常像
腰椎穿刺後3時間で脳底クモ膜下槽に達し、その後3~6時間で大脳半球およびシルヴィウス裂に対称的に分布する。24時間後には脳底クモ膜下槽のRIはほとんど上矢状静脈洞に集まり、48時間後にはほぼ消失する。



4)意義

目的はCTでは観察できない脳脊髄液の流れの状態を検索することであり、水頭症の診断、脳脊髄液の短絡の機能評価、脳脊髄液の漏、その他脳脊髄液の流れの異常などに適応となる。



血管外要素とは血液脳関門(blood brain barrier; BBB)の破綻による造影剤の血管外漏出である。
従って、BBBを持たない解剖構造は正常でも増強される。



【増強される頭蓋内正常組織】

血管(arteries and veins)
脈絡叢(choroid plexus)
硬膜(dura matter)
松果体(pineal body)
下垂体(pituitary gland)

病変部の造影効果は、程度・性状が多様である。血管内要素を反映する病変は一般に造影程度が強い。造影効果の性状は、概ね、均一、不均一、輪状(リング状)、線状、欠如などのパターンがある。



☆輪状増強(リング状増強)
病変辺縁部が増強され、全体として輪状(リング状)になる。
内部が壊死に陥ったか、嚢腫性の病変である。

転移性腫瘍、膠芽腫、膿瘍、血腫の溶解過程(吸収期血腫) 、梗塞(特に大脳基底核)、多発性硬化症が代表的である。下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫、神経鞘腫は良性腫瘍であるが大きくなると輪状となる。


栄養士という職業の利便性

栄養士だと自己紹介をすると、多くの人が「病院や小学校の給食を作る人」という認識ですが、栄養士の仕事はもっと幅広く、利便性の高い仕事です。「栄養」という文言がある事からお分かりいただける通り、栄養士は食事だけに留まらず、栄養のスペシャリストなのです。

自分は関係ない、と思っていませんか?栄養が関係するのは、成長期の子供や病人、妊婦、アスリートだけではありません。

美容・ダイエット・健康管理…栄養の知識は、日常に活かす事が出来ます。


例えば、美容やダイエットに興味・関心の高い人。ある栄養素が美容にいいからと、サプリメントで摂取していませんか?


積極的に栄養を摂取しようという姿勢は良い事ですが、サプリメントは栄養士としてあまりおすすめ出来ません。なぜなら、身体はサプリメントを「食事」ではなく「薬」だと認識するからです。身体に入ったら同じこと?いいえ、そうではありません。

「薬」…つまり「毒物」として認識されたサプリメントは、肝臓で代謝されるので、身体への負担となるのです。肝臓は別名「物言わぬ臓器」と言われており、不調がなかなか体調に現れません。その為、回復が難しくなる段階までダメージを受けてから、その事実に気付く…なんて事も珍しくないのです。

また、少し前から言われているように、コラーゲンが肌の水分を保つから、コラーゲン入りのドリンクや鍋を摂取するというのも、あまり意味がありません。コラーゲンは蛋白質の一種なので、口から摂取するとまずアミノ酸にまで分解されます。そうして代謝された後に合成され、再び蛋白質になるのですが、この時にコラーゲンになるとは限らないのです。

更に言うと、コラーゲンになったとしても、それが肌の保湿に使われる保証はありません。血管の補強に使われるかもしれませんし、関節へ配分されるかもしれません。勿論、市場で出回る「低分子コラーゲン」も、分解されれば同じくアミノ酸になるので変わりはありませんよ。


ちなみに「酵素ダイエット」や「酵素ドリンク」で知られる酵素も、蛋白質の一種です



このように、栄養について正しい知識を持っていると、余分な時間やお金をかけ、間違った美容法を取り入れる事がありません。今回は美容について書きましたが、「○○(食事・栄養素)は××(健康・美容など)にいい」という文言の多くに対して「待った!」をかけられます。メーカーがさも本当のように言っている事のどれだけが真実か分かると、かなり便利ですし、身になります。

美容や健康に興味がある学生さんで、進路が決まっていない人は栄養士をオススメします。