向井恭一 の Livedoorブログ

向井恭一 の Livedoorブログ です。 皆様から頂いた情報を元に作成されるノートです。少しでも気に入られる1つのブログになるようにすることが目標です。よろしくお願いします

喘息の治療薬 について調べました。

友人に頼まれていろいろ調べました。

最終的には医師の指導の下で正しい治療をする ことが全てです。



喘息の増悪因子の除去
喘息は気道の慢性炎症であるから、抗原を除去することが根本的な治療である。


o ダニなどの室内アレルゲン
o 薬品、特にアスピリンなどの非ステロイド系抗炎症薬
o 喫煙


薬物療法

気管支平滑筋細胞は、アドレナリン受容体・コリン受容体・ヒスタミン受容体などをもっている。



o β受容体作用薬

イソプロテレノール
β2受容体に作用して気管支を弛緩するが、同時にβ1受容体に作用して心臓の拍出量を増強するため、虚血性心 疾患を合併する喘息患者には不適切。
なおノルアドレナリンはβ受容体には作用せず、もっぱらα受容体に作用するため喘息には不可。


o 選択的β2受容体作用薬
α受容体やβ1受容体に作用することなく、もっぱらβ2受容体に作用して気管支拡張をもたらす。

喘息の治療で気管支を拡張させるには、α受容体やβ1受容体に作用することなく、もっぱらβ2受容体に作用する必要 がある。
なぜなら、受容体に作用すれば、血圧を上昇させる。β1受容体に作用すれば、心拍数を増大させてしまうからである。


プロカテロール procaterol
テルブタリン terbutaline


o ホスホジエスタラーゼ阻害剤,キサンチン誘導体
ホスホジエスタラーゼはcAMPの分解酵素であるから、その阻害剤はcAMP量を増大させて平滑筋を弛緩させる。
テオフィリン thoeophyline


o 抗コリン剤
 気管支粘膜上のアセチルコリン受容体において、副交感神経抹消から放出されるアセチルコリンの作用をブロック することで、気管支を拡張させる。
ただし交感神経作用薬に比べて効力は弱い。



アトロピン誘導体

o 副腎皮質ホルモン
喘息は気道の慢性炎症がその病態の本態であるから、抗炎症剤で炎症を抑制する。
慢性型喘息の第一選択薬であり、最近では主流である。


リポコルチンの合成を誘導して、リン脂質からアラキドン酸の遊離を促進するホスホリパーゼA2を阻害する。
この結果、気管支平滑筋を収縮させるロイコトリエンの産生が抑制される。


そのほか、炎症細胞の遊走を抑制、気道分泌を抑制、血管透過性を抑制、などの薬理作用を持つ。


吸入ステロイド剤としては プロピオン酸ベクロメタゾン


局所のみに作用するため全身への副作用がほとんどないが、免疫抑制によって口腔内カンジダ症を生じることが あるので、吸入後にうがいが必要となる。



o ヒスタミン遊離抑制剤
気管支粘膜に存在する肥満細胞からのヒスタミンの放出を抑制する。

クロモグリク酸 cromolyn
テルフェナジン terfenadine

大黒屋 福島 レポート

福島県西白河郡にあり
付近には何もない、山奥の一件宿です





ここの大浴場は、川の向こうにあります
細い橋を渡って行くのが少し怖いけど、何だか秘湯な感じの雰囲気がいいです


そして、混浴です。



つくりがとてもレトロな感じで、岩がむき出しのお風呂になっています。
入ると、子宝に恵まれるとかw


お料理は、川魚のお刺身が絶品です
川魚の土臭さが一切なく、とても美味しくいただきました

水痘・帯状疱疹ウイルス

<水痘・帯状疱疹ウイルス> varicella-zoster virus(VZV)
ヘルペスウイルス科(DNAウイルス)


初感染の小児が水痘を(外因感染)、潜伏感染している大人では帯状疱疹を(回帰感染)起こす。


病原性

水痘は小児期の代表的なウイルス感染症のひとつ。
未感染小児が感染すると高い頻度(70~80%)で水痘を発症する。
伝染性がきわめて高く、飛沫感染・接触感染で広がっていく。
約2週間の潜伏期後に発熱や頭痛などの前駆症状に続いて、発疹が駆幹から、頸部、顔面、四肢に広がる。


この発疹は1~3日で丘疹、水疱を経て乾燥し痂皮を形成するが、普通1週間以内で取れる。
小児では合併症は起こらないことが多いが、成人は肺炎を起こしやすい。

感染後、ウイルスは脊髄後根神経節に潜伏感染して帯状疱疹の原因となる。


老化、悪性腫瘍、免疫抑制などを誘因として細胞性免疫の低下により、潜伏したウイルスが再活性化して神経痛様の激痛を伴う帯状疱疹を発症する。


好発部位

胸、腰、顔で2~3週間の経過であるが、免疫低下の著しい患者ではウイルス血症を起こし、全身感染に至ることもある。


予防

弱毒生ワクチンがあるが初感染を予防することが目的で、水痘ワクチンと呼ばれる。


検査

病変部位の塗抹標本を用い、蛍光抗体法により抗原を検出する
血清を用いての補体結合反応、免疫粘着赤血球凝集反応はペア血清で感染を診断する
特異IgM抗体(EIA法)は水痘及び帯状疱疹発症時に陽性になる